新潟県PTA安全互助会

   TEL;025−280−0466
   FAX;025−280−0476
  新潟県PTA安全互助会は、県内PTA会員(趣旨に賛同する会員含む)相互の助け合いの精神を基にして設立され、運営されている法人です。
 主な活動は、PTA活動中の未然に防ぐことの出来ない不慮の傷害事故や賠償事故に対して、「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)で対応することです。
 24年度からは、「一般社団法人新潟県PTA安全互助会」として、当法人が主体となって保険会社との提携により実施します。
 また、新潟県小中学校PTA連合会及び傘下の郡市PTAの安全普及啓発活動を支援します。その他、必要により、青少年の健全育成や福祉の増進を図る活動を行い、社会の発展に寄与することを目指した法人です。
    
加入のご案内  1 役員一覧  2 定款   3 プライバシーポリシー  4 安全普及啓発活動の申請 

 新潟県PTA活動補償制度(新潟県PTA共済)について

 1 補償の概要  6 加入手続きの方法         2017.3.28 

 2月末に「29年度PTA活動補償制度」の加入案内(ピンク の封筒)を各学校に配付しました。

 4月1日より制度が適用できるよう、3月24日(金)に
 手続きの締切日が設定されています。


 今日現在、まだ加入申込みがされていない学校がありま 1す。会員の安心・安全のため、すぐに手続きをお願いしま す。
 2 補償対象者  7 請求手続きの方法
 3 補償の対象とならない活動  8 重要事項の説明書
 4 見舞金・保険金の内容  9 各種様式集と記入例
 5 免責事項 10 共済約款
 新潟県PTA活動補償制度説明チラシ(単位PTA討議資料) 

1 補償の概要

  「新潟県PTA活動補償制度」は、新潟県PTA共済とPTA団体傷害保険、PTA管理者賠償責任保険からなり単位PTAやPTA連合会が主催、
  または共催する行事中に、PTA会員および児童生徒、同居の親族、事前にPTAより活動に参加が認められている指導者・支援者が不慮の事故により
  ケガをした場合の傷害見舞金と、PTA管理下において万一単位PTAやPTA連合会に賠償責任が発生した場合に備えての賠償責任保険金により
  構成された総合補償制度です。
  ※ PTA行事とは……PTAが主催または共催して計画し実施する行事で、総会、運営委員会などPTA会則(名称のいかんを問いません)に基づく
                手続きを経て決定されたものをいいます。
  ※ PTA管理下とは…PTAの指揮・監督および指導下においてPTA活動を行っている間をいいます。
 
 <傷害見舞金が支給される事故例>
 ○ PTA親善野球大会でボールが目に当たり視力減退した。
 ○ PTA親子レクリエーションで足首をひねり捻挫した。
 ○ PTA主催のバザーで提供した飲食物で食中毒になった。

 <賠償責任保険金が支払われる事故例>
 ○ PTA主催の水泳教室で、監督の不備で児童生徒が溺れた。
 ○ PTA主催の博物館見学で、誤って博物館のガラスを割ってしまった。
 ○ PTA行事で借りたタコ焼き器が取扱いの不備で壊してしまった。

2 補償対象者(被保険者)

  @ 加入PTA会員(教職員も含む)
  A 加入PTAに在籍する児童生徒
  B 加入PTA会員の同居の親族
  C PTA行事への参加が事前にPTAより認められている活動の指導者および支援者 

3 補償の対象とならない活動
  
  @ 故意に起こした傷害、自殺、犯罪行為または闘争行為による傷害
  A 医学的他覚症状のない頸部症候群(いわゆる「むち打ち症」)または腰痛
  B 無免許、酒酔い運転中の事故による傷害
  C 病気、脳疾患または心神喪失が原因による傷害
  D 地震、噴火、津波など自然災害による傷害

4 見舞金・保険金の内容
  見舞金・保険金の種類                             見舞金額および保険金額








金    
 死亡見舞金・保険金  300万円(見舞金270万円  提携保険会社より保険金30万円)  ※ 限度あり
 後遺障害見舞金・保険金  9万円〜300万円(見舞金8.1万円〜270万円  提携保険会社より保険金0.9万円〜30万円)  ※ 限度あり
 入院見舞金・保険金  1日につき3,000円(見舞金2,400円  提携保険会社より600円)  ※ 180日限度
 手術見舞金・保険金  3,000円×手術の種類に応じて定めた倍率(見舞金2,400円  提携保険会社より600円)
 通院見舞金・保険金  1日につき2,000円(見舞金1,600円  提携保険会社より400円)  ※ 90日限度






 管理賠償保険金
(保険会社と全面提携)
<対人事故> 1名につき5,000万円限度  1事故につき3億円限度  自己負担額1事故につき1,000円
<対物事故> 1事故につき500万円限度  自己負担額1事故につき1,000円
 借用物賠償責任保険金
(保険会社と全面提携)
 1事故につき500万円限度  保険期間中500万円限度  自己負担額1事故につき5,000円
 ※ 新潟県PTA共済約款第29条(共済金の削減・支払い限度)が適用される場合があります。

5 免責事項 

  @ 会費納入の義務を履行しないとき
  A 給付の原因が故意によって生じたとき
  B 給付の原因に虚偽の事実があったとき
  C 請求または受領に不正の事実があったとき
  D 地震、噴火、津波など自然災害によるとき
  E 事故発生後3年以内に請求がなかったとき
  F 提携する保険会社との約款に照らし、見舞金の給付に該当しないとき
  G 独立行政法人日本スポーツ振興センター法の定めるところにより、児童・生徒が給付対象となる学校管理下にあるとき
  H 医学的他覚所見のない腰痛、むち打ち症
  I 山岳登はん、ボブスレー、リュージュ、ハンググライダー等、特に危険なスポーツを行っている間の事故
  J 戦争行為によるとき
  K 無資格運転、酒酔い運転によるとき
  L 原子核分裂生成物により汚染されたとき
  M その他見舞金の給付が不適切と認められるとき

6 加入手続きの方法 

  @ 募集案内
     3月始めに「(一社)新潟県PTA安全互助会」「新潟県PTA活動補償制度」等のご案内を含めた加入手続き書類を各学校に配付します。
     「単位PTA会議資料」も同封しますので、増す刷りするなどして会員にも「新潟県PTA活動補償制度」について知らせてください。
  A 加入申込書の提出
     『新潟県PTA安全互助会加入申込書(兼共済契約および保険加入申込書)』(様式1)に4月1日時点の見込み会員数を記入し、
     (一社)新潟県PTA安全互助会事務局に提出してください。4月1日から見舞金・保険金を適用するには3月中の契約が必要です。
     4月以降の申し込みは、事務局で受け付けた翌日からの契約になります。
     申込み締切日は、平成29年3月24(金)になります。
  B 会費の納入
     4月1日以降会員数が確定した時点で、会員数×150円を振込用紙で納入してください。その時、送金明細を必ず記入してください。
     契約が終わっていても、会費納入されないと見舞金・保険金はお支払いできません。
     納入〆切日は、平成29年6月30(金)になります。
  C 加入者証(兼共済証書)の送付
     加入申込書の提出、会費納入などの手続き終了後、各学校に送付します。

7 請求手続きの方法

  @ 事故状況報告書の提出
     事故が起きたらすみやかに「事故状況報告書」(様式2)を(社)新潟県PTA安全互助会事務局に提出してください。
     ○ 請求者…………ケガをされた本人もしくは保護者(児童生徒がケガをした場合)になります。
     ○ 事故状況………事故原因・状況等をできるだけ詳しく書いてください。
     ○ 入院・通院日数…見込みで書いてください。
     ○ 診断書…………事故状況報告の時は必要ありません。(後日、傷害に応じて診断書の添付をお願いすることがあります)
     ○ PTA会長、校長の印は公印を押してください。
  A 見舞金・保険金請求書の提出
     事故報告書が(社)新潟県PTA安全互助会事務局に届き次第、「見舞金・保険金請求書」等の必要書類を学校に送付します。
     ○ 請求時期…………………請求に必要な書類が全てそろった時点で提出してください。
     ○ 見舞金・保険金の振込先…受傷者か、その保護者の口座、またはPTAの口座を指定してください。
  B 見舞金・保険金の支払
     見舞金・保険金請求書等の受領後、審査を経て見舞金および保険金を送金します。          

8 重要事項の説明書「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共催)

  <契約概要>
  @ 商品の仕組み
     この活動補償制度は、単位PTAやPTA連合会が主催または共催する行事中に、PTA会員および児童生徒が不慮の事故によりケガをした場合に
     傷害見舞金(共済金)を支払う制度です。傷害見舞金は、新潟県PTA共済の共済金から支払います。
  A 見舞金の給付
     単位PTAやPTA連合会が主催または共催する行事中、および自宅と行事会場との通常の往復途上で、PTA会員(親族の代理を含む)および児童
     生徒がケガまたは食中毒で医師の治療を受けたときに見舞金を給付します。
     ただし、独立行政法人日本スポーツ振興センターから給付が行われる場合は対象になりません
  B 補償内容(見舞金額と給付される期間、免責事項)
     <見舞金額と給付される期間>
死亡見舞金 270万円 180日以内にそのケガまたは食中毒がもとで亡くなられた場合
後遺障害見舞金  8.1万円〜270万円 180日以内にそのケガまたは食中毒がもとで後遺障害が生じた場合 
入院見舞金  1日につき2,400円
 (180日限度)
入院され平常の生活または仕事ができない場合 
手術見舞金  2,400円×手術の種類
に応じて定めた倍率 
入院してその傷害の治療のために180日以内に所定の手術を受けた場合
通院見舞金  1日につき1,600円
 (90日限度) 
平常の生活または仕事に支障が生じ医師の治療を受けた場合 
      ※ 見舞金の総額の限度は、当該年度の剰余金と過年度の準備金および各種準備金等を合わせた額とします。
     <免責事項(見舞金が支払われない場合)>
      ※ 上記「5 免責事項」を参照
  C 申込および掛金の払込方法
     ○ 「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)は「一般社団法人新潟県PTA安全互助会」と各単位PTAとの団体契約です。
        4月1日から共済の補償を開始させるため、3月1日〜3月25日までの期間に所定の申込用紙(様式1)で申し込んでください。
     ○ 掛金は「一般社団法人新潟県PTA安全互助会」の会費に含まれます。会費は1会員あたり年間150円です。
     ○ 団体契約ですので単PTA全会員の加入とします。
     ○ 4月1日以降、会員数が確定しましたら、所定の払込用紙で郵便局より払い込みください。払込期間は、4月1日〜6月30日です。
  D 共済期間 
     平成29年4月1日(午後4時)より平成30年4月1日(午後4時)までの1年間です。
  E 満期返戻金・解約返戻金・契約者配当金
     「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)には、満期返戻金、契約者返戻金、解約返戻金はありません。

  <注意喚起事項>
   @ 契約申込の撤回等(クーリングオフ)
     「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)は、給付対象期間が1年以下なのでクーリングオフはできません。
  A 告知義務・通知義務等
     契約者には、契約時に際して重要な事項を申し出いただく義務があります。契約締結にあたり契約書の記載内容等、当会に申し出た事実に
     間違いがないか十分確認してください。知っている事実が告知されなかったり、事実と相違することを通知したりしたときは、契約が解除される
     ことや見舞金を支払いできないことがあります。契約内容に変更等が生じる場合には、必ず事前に当会に連絡してください。
  B 申込と給付の開始時期
     申込を定められた期間内(3月1日〜3月25日)に行い、会費を定められて期間内(4月1日〜6月30日)に払い込んでください。
     会費納入が確認できた単位PTAに対して4月1日(午後4時)より見舞金の給付を開始いたします。
  C 主な免責理由(見舞金が支払われない場合)
     ※ 上記「5 免責事項」を参照
  D 「損害保険者保護機構」による契約者保護
     当会は、保険会社が加盟する「保険契約者保護機構」の会員ではありません。
     したがって、「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)は、損害保険機構の行う資金援助や補償の対象とはなりません。
  E 掛金等
     「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA共済)の掛金は、「一般社団法人新潟県PTA安全互助会」の会費に含まれます。
     したがって、掛金だけを取り出すことはできません。
  F 解約と解約返戻金
     契約を解約される場合は、当会に申し出てください。解約返戻金はありません。
  G 個人情報の取扱
     ○ 契約に関する会員の情報は、適切な契約の引受、円滑な見舞金の給付など業務上必要な範囲で利用します。目的以外には利用しません。
     ○ 会員の個人情報は、当会の個人情報保護方針に基づき、安全に管理し、保護の徹底に努めます。
     ○ 法令に基づく場合、業務上必要な場合を除き、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。
     ○ 当会は、損害保険会社と業務提携をしております。必要な事項を必要な範囲内で提供する場合がありますので同意ください。
        同意がいただけない場合は、契約を引き受けることはできません。
     ○ 個人情報の開示、訂正、削除については(社)新潟県PTA安全互助会事務局に問い合わせください。
      
「新潟県PTA活動補償制度」(新潟県PTA 共済)に関する連絡・相談窓口

 連 絡 窓 口;新潟コーリン(代理店)(025−280−0456)
 会員相談窓口;一般社団法人新潟県PTA安全互助会(025−280−0466)
 
 ※ 受付時間:平日の9:00〜17:00